刈田岳かっただけ(宮城県)(標高1758m)

山・刈田岳ある記
 2月には蔵王の御釜と樹氷の写真を撮ると山行きの準備をしていますが、予報の晴れと都合がなかなか合わないのです。
 14日(木)晴れ模様なので山スキー・食料を準備して蔵王ライザスキー場に行く。第2・3リフトを乗り継ぎ、ゆっくりと登る。御田ノ神付近で樹氷を前景に刈田岳(1758m)を撮り、これは良い天気と山頂に向かうが馬ノ背から刈田岳・刈田嶺神社に着く頃は強風と濃霧のため撮影出来ず。そんな中、刈田岳避難小屋で昼食を摂ると云う二人と出会い小屋で昼食です。強風と濃霧の中、一緒に御田ノ神まで下り、そして帰宅です。
 17日(日)山形市街の上空は青空なので蔵王ライザスキー場に行く。リフトを乗り継ぎ山スキーで刈田岳へと登り出す。御田ノ神付近で樹氷と刈田岳を撮影して、馬ノ背から刈田岳・刈田嶺神社に着く頃は強風と濃霧と変化するのです。御釜は濃霧で見えず、なんとか刈田嶺神社の撮影をして、強風の中を御田ノ神避難小屋に入り昼食です。この日はガイド付きのツアーの方々が熊野岳(1841m)と刈田岳(1758m)に登る様子がありました。山頂付近は強風と濃霧で苦労して下山したとの事です。山形市上空は青空なのですが蔵王の山々は荒れ模様なのが冬の時季と諦めているのですが。
 飯豊連峰・朝日連峰・月山・鳥海山が蔵王から展望できる。そんな日が楽しみなのです。



蔵王・刈田岳(1758m) 樹氷原を前景に
御田ノ神付近を歩く
この風景が嬉しい


刈田岳(1758m)山頂・刈田嶺神社
強風と霧の中で晴れる瞬間を待つのですが


エビの尻尾と刈田嶺神社
馬の背と右に刈田レストハウスの分岐から


樹氷原・ここから強風と霧の中
刈田駐車場からしばらく登り振り返る


樹氷原ツアーの方々・太陽が顔を出した瞬間
熊野岳(1841m)刈田岳(1758m)に輪カンジキツアー


樹氷
御田ノ神避難小屋付近


御田ノ神へ登る途中の山


中丸山(1562m)
樹氷の間から顔を出す


上山市街方面の展望
蔵王ライザスキー場第3リフト付近


ブナ霧氷


刈田岳避難小屋(2月14日撮影)昼食
強風と濃霧で小屋へ
ブレブレですみません

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員 吉田善春
平成25年2月17日(日)撮影

前回の刈田岳
平成24年6月13日(水)撮影
前々回の刈田岳
平成16年2月中旬撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。