頭殿山とうどのさん(標高1203m)


頭殿山は白鷹町の北西に位置し、白鷹町鮎貝から黒鴨の集落を経て朝日鉱泉に至、
朝日連峰への入山コースとして使用されてきたが、現在は静かな山である。


頭殿山山頂
ここからは朝日連峰が目の前に望まれる。
小さな神社が祭られている


山頂のちいさな神社の前から白鷹町を覗き見る


ブナ林・落ち葉に埋もれた登山道


伝・光明海上人墳墓、即身仏発掘の地

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員 吉田善春
平成15年11月中旬撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。