神室岳かむろだけ(仙台神室)(宮城県)(標高1356m)

 神室岳(標高1356m)(宮城県の山)は通称仙台神室と呼ばれ登山者に親しまれているが、最近、神室岳の話が出てこない。
 山と高原地図・蔵王、面白山・船形山を広げると東根市、面白山、南面白山、大東岳、神室岳、山形神室、笹谷峠とあります。笹谷峠標高906m神室岳1356m標高差450mなのにどうして大変な山なのかを知りたいと神室岳登山に参加の方々です。
 ハマグリ山から望む山並みはトンガリ山、山形神室(1344m)、なだらかな頂、神室岳(1356m)と連なる。神室岳の姿を見て登りたいと思う山かな。
 登山道にヤマハハコ、エゾリンドウ、センブリ、オヤマボクチ、ノコンギク,イワインチン、ウメバチソウ、カワラナデシコ(一花)、ツルリンドウ、サワフタギの濃紺の実、ナナカマドの赤い実など見てサルナシの実、ヤマボウシの実はほんの少し味見をする。



神室岳(仙台神室)標高1356m
神室岳まで登り下りが多く大変だよと友達から聞いて 挑戦です。さあ〜登るぞと撮影


いつまで登りが続くのかと呟く仲間の姿
山形神室、分岐、ダンゴ平からの急登をヨっコラショと登る


神室岳(1356m)山頂・休憩(昼食)のんびりと
二口峠、盤司岩、大東岳(136m)南面白山(1225m) 面白山(1265m)方面の眺望を地図で確認


清水峠←・→山形神室笹谷峠・仙台神室・
白石営林署、宮城県の案内標柱 ここから仙台神室へ


山形神室(1344m)山頂と三角点
清水峠←山形神室笹谷峠の標柱・いつもはここまでの登山です


トンガリ山(1241m)から山形神室
左側は宮城県、右側は山形県・四季折々の植物が楽しめる


ハマグリ山(1146m)〜トンガリ山の岩場
ゆっくりと慎重に登り、何気なく仲間を見守る。トンガリ山を背景に


ハマグリ山(1146m)山頂からの展望
左からトンガリ山〜山形神室〜なだらかな頂〜神室岳(仙台神室)と続く山並み


笹谷峠で準備を整え登り、途中で峠駐車場方面を望む


笹谷峠(906m)駐車場を起点にして
山形神室(1344m)清水峠の縦走など、又は雁戸山(1484m)熊野岳(1840m)の縦走などと
多くの登山者が訪れる

笹谷峠(906m)から神室岳(1356m)までの間にダンゴ平(1180m)があり、その区間の登り下りが一苦労と思われる。それで参加者達の話題となり登りたいとなるのかな。神室岳登頂。何事もなく参加者達の微笑みが嬉しい。
笹谷峠8:00〜神室岳11;20(昼食40分)12:00〜笹谷峠15:10の登山です。
アプルスNPO法人生涯スポーツ振興会トレッキング企画 参加者4名スタッフ2名

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員
JMGA資格認定・登山ガイドU 吉田善春
撮影 平成30年9月20日(日)晴のち曇

前回の神室岳
平成24年5月7日(月)撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。