大舘山おおだてやま(標高674m)

山・大舘山ある記
 飯豊町岩倉からの山毛欅潰山(896m)登山予定でしたが残雪が少なく案内人伊藤氏からの提案で第47回べにばな国体成年女子山岳競技コースとして使われた大舘山(674m)に飯豊町数馬から登山です。
 源流の森センター8時集合、準備を整え数馬沢に歩く。沢添いにしばらく登ると栂峰・飯豊連峰が展望できた。ここから尾根残雪上を歩き雑木林を藪扱ぎしながら登るとブナ林に着く。ホッと一息休憩して尾根を登ると大舘山(674m)山頂・三角点・昼食そして記念撮影、のんびりと過ごす。山頂はブナ、ナラ、雑木で覆われている。山頂から宇津沢方面に下る途中で立派な熊棚を見つけ記念撮影です。尾根上をしばらく下ると少し平らな雪面に熊の大きな足跡を見つける。先を歩いていた数人は斜面を下る熊を見たと喜んでいる。尾根上の雑木林をもがいて抜けると宇津沢体験農場上部に無事到着です。そして源流の森センターに歩く。
源流の森センター8:20〜大舘山山頂11:50(休憩50分)〜宇津沢体験農場上部15:25〜源流の森センター16:10の行程 現在・大舘山周回コースや登山道は整備されていません



大舘山(標高674m)
飯豊町中津川宇津沢上部尾根からの展望


中津川数馬沢を登る


飯豊連峰栂峰の説明を受ける仲間


ブナ林
雑木林を抜けるとブナ林・ホットするね


飯豊連峰
ちょと一休みの間に写す


もうすぐ大舘山
残雪の尾根をゆっくり登る


大舘山(674m)
昼食を済ませ記念撮影。雑木に覆われている


熊棚を背景に
立派な熊棚を見つけ大喜びで撮影


熊の足跡・こんな大きい足跡は初めて
先頭の方は斜面を下る熊を見たとの事


残雪の風景
雑木林を登り下りしながらの残雪は良いね


宇津沢体験農園上部・無事到着
源流の森センターに連絡取る伊藤氏

源流の森センターインタプリテーション協会主催企画
伊藤隆二インタープリター案内 総勢10名

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員
JMGA資格認定・登山ガイドU 吉田善春
撮影平成28年4月12日(火)晴
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。