西吾妻山にしあずまやま(標高2035m)

 山形、福島両県の県境である吾妻連峰の西側に位置する。吾妻連峰の最高峰・西吾妻山標高2035mは全山針葉原生林に覆われ山頂の展望は利かないが、梵天岩や吾妻社が祀られている天狗岩は展望が良く登山者の憩いの場所になっている。
 天元台高原ロープウェイに乗りリフトを乗り継ぎ北望台(1820m)からの歩きです。かもしか展望台付近で雲が湧き見晴らしがない中を人形石との分岐を西吾妻山方向に歩き大凹でミヤマリンドウを楽しむ。梵天岩までの岩場をゆっくりと登り微かな赤目印で天狗岩に歩く、吾妻神社で参拝して時計周りで西吾妻山に登頂です。針葉樹林で覆われ展望は得られないが記念撮影、西吾妻小屋に下り休憩(昼食)を済ます。そして吾妻神社に戻り梵天岩、大凹、人形石の分岐、かもしか展望台、北望台(リフト乗場)からの登りは濃霧か雲なのか登山道頼りの登山でしたが湿原植物を楽しむ仲間の姿が微笑ましいと思うのでした。
 西吾妻山は雲の中。



西吾妻山標高二〇三五米・吾妻連峰最高峰の標柱
針葉樹林に覆われ山頂からの展望は得られない。
それでも笑顔が素敵な仲間達は登頂の達成感かな。


西吾妻山は雲の中
吾妻神社に参拝して西吾妻山頂に向かう登山道


吾妻神社に参拝・記念撮影、残念ながら雲の中
時計周りで山頂に、西吾妻小屋で休憩して吾妻神社に戻る


梵天岩付近の登山道岩場
足元に十分注意、岩に微かな赤〇があり


水分補給の休憩
登山道のガレ場にて、大凹から岩場を登り一息つく


ゆっくりゆっくりね
大凹を過ぎ岩場で互いに声掛けながら登る


大凹(オオクボ)お花畑と地図にあり
ミヤマリンドウ、シラネニンジン、ミヤマアキノキリンソウ、 イワオトギリが咲いていた。
渇水でイワイチョウは元気なし


人形石、西吾妻山の分岐標識を確認
かもしか展望台から下り分岐を西吾妻山方向に歩く


かもしか展望台・雲が湧き始める
展望の良いところだが水分補給して先に向かう


北望台(1820m)ちょっとだけ談笑
リフト終点・ここで準備して、さ〜登るぞかな!


天元台高原ロープウェイ湯元駅
山頂付近は風と雲で風景が見れないが色々な植物を観察でき楽しく登頂できた様子が現れている

 モミジカラマツ、イワオトギリ、シラタマノキ、ミヤマアキノキリンソウ(コガネキク)、シラネニンジン、ミヤマリンドウ、、サンカヨウの実、ハリブキの実、チングルマの花柱、ユキザサの実、オオバタケシマランの実、キイチゴの実、アカミノイヌツゲの実、コバイケイソウの実、イワイチョウは渇水で元気なし、モウセンコケが紅葉するのかなと思いながらいろいろな植物を観察することが出来ました。
アプルスNPO法人生涯スポーツ振興会トレッキング企画 参加者5名、スタッフ2名
天元台高原ロープウェイ湯元駅発8:40〜リフト〜湯元駅着15:40


撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員
JMGA資格認定・登山ガイドU 吉田善春
撮影平成30年8月5日(日)晴・曇

前回の西吾妻山
平成15年9月中旬撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。