日本国にほんこく(標高555m)

山・日本国ある記
 数々の歴史とロマンを秘めた山・日本国(標高555m)は、新潟県の東北に位置する村上市伊呉野(いぐれの)と山形県鶴岡市温海大字鼠ヶ関字原海を起点とし、朝日連峰に連なる県境の稜線上約6.4kmの地点に位置し、すり鉢を伏せたような山容から別名「石鉢山(いまくさやま)」とも呼ばれる。毎年5月5日に山開き及び日本国イベントが開催される。(村上市観光協会公式サイト)。
 山形市より山形道で鶴岡から日本海東北道で山形県内では最長の道路トンネル・あつみトンネル全長6,022mを通り村上市府屋から小俣地区に行く日本国の案内あり。日本国ふれあいパーク駐車場から出羽街道小俣宿を通り蔵王堂口から登る。蔵王堂に参拝して急な登りをゆっくりと歩くと蛇逃峠分岐・小俣口とあり。立派な東屋で朝日連峰の山並みを楽しみながら休憩をして鷹待場の案内を通り山頂に登る。日本国(555m)山頂広場に山頂休憩舎・展望所・三角点あり、日本海に浮かぶ粟島や佐渡ヶ島が展望できる。山頂でのんびり昼食を済ませ、蛇逃峠分岐を小俣口に歩く。途中の尾根から小俣宿集落を覗き、沖見休憩所ベンチで粟島や佐渡ヶ島の話で一息入れて、足元に注意しながら日本国登山道小俣口に下山です。
パーク駐車場9:05〜蔵王堂口9:15〜日本国山頂11:30〜小俣口13:16〜ふれあい駐車場発13:30〜(あつみトンネルの長さに驚く)〜鶴岡市(旧朝日村)かたくり温泉ぼんぼ〜山形市



日本国(555m)
新潟県村上市伊呉野と山形県鶴岡市温海大字鼠ヶ関字原海を起点に県境にある。
石鉢山(いまくさやま)の別名


日本国登山口(蔵王堂口)
日本国ふれあいパーク駐車場から出羽街道小俣宿を通り登山口へ


蔵王堂に参拝して蛇逃峠分岐に向かう


蛇逃峠
休憩の合間に話が弾む
小俣登山口との分岐・東屋から展望あり


日本国(555m)山頂
三角点で記念撮影
山頂から霧で隠れた鳥海山の裾野が見えた


展望台で微笑んでいる仲間の姿を写す
日本海に浮かぶ粟島や佐渡ヶ島が展望できる


日本国山頂休憩舎・展望台
山頂広場でゆっくりと昼食を楽しむ仲間達


尾根から望む小俣宿の集落
蛇逃峠分岐を小俣登山口への途中


沖見休憩所
粟島・佐渡ヶ島が見える
ベンチがあり粟島の話で和んでいる後姿


日本国登山道入口(小俣口)に下山
日本国ふれあいパーク駐車場は目の前

日本国ふれあいパーク 9:05〜蔵王堂登山口 9:15〜蛇逃峠 10:50〜日本国山頂 11:30〜休憩(昼食)12:20〜尾根展望 12:45〜沖見休憩所 13:05〜日本国登山道入口 13.:50〜山形市へ
APLS生涯スポーツ振興会・トレッキングの仲間達

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員 吉田善春
平成26年9月18日(木)撮影

前々回の日本国
平成17年11月13日(日)撮影
前回の日本国
平成22年11月20日(土)撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。