小朝日岳こあさひだけ(標高1647m)

山・小朝日岳ある記
 今回は鳥原山を経て小朝日岳(1647m)を踏み、古寺山を回り下山するコースです。
 山頂から望む朝日連峰の雄大な姿が楽しみです。古寺鉱泉から左の登山道を登りユックリと歩く。所々で休みながら、ブナ峠と分岐の畑場峰で休憩し鳥原山(1429.6m)までのんびりと行く。鳥原山展望台で大朝日岳・小朝日岳の雄姿を楽しみ、鳥原小屋に入る。白滝コース・朝日鉱泉コース案内があり、霊山朝日嶽神社に参拝して小屋に泊まる。朝6時歩き出す、鳥原山展望台で大朝日岳・小朝日岳を見て、早朝の風景も良いものだなどと呟きながら登る。小朝日岳山頂で残雪と新緑の朝日連峰を見て喜び、古寺山(1500.7m)に行く。ここからの朝日連峰も見応えありの山頂です。ハナヌキ峰分岐から一服清水を経て古寺鉱泉に下山しました。楽しみのヒメサユリの花はまだ先の様子でした。ミツバオオレン・イワナシ・サンカヨウ・シラネアオイ・イワカガミ(アカ・ピンク・シロ)・マイズルソウ・ツバメオモト・ユキザサ・タケシマラン・タムシバ・ムラサキヤシオツツジ・ミツガシワなどの花が楽しめた。
古寺鉱泉9:00発〜畑場峰10:40〜鳥原展望台12:50〜鳥原小屋15:10泊 鳥原小屋6:00出〜鳥原山展望台6:30〜小朝日岳8:15〜古寺山8:50〜一服清水10:00〜古寺鉱泉11:00着



鳥原山展望台から望む小朝日岳(標高1647m)
左に大朝日岳(標高1870m)


古寺山山頂から望む小朝日岳(標高1647m)
右に大朝日岳(標高1870m)


小朝日岳山頂(標高1647m)
朝日連峰の姿は美しい
ここで朝日縦走の夢を見ると良いだろう


ブナ こんな姿はなかなか見られないかも
古寺鉱泉から左の登山道・急登をゆっくりと歩く・畑場峰近く


霊山朝日嶽神社と鳥原小屋
朝日鉱泉コース・白滝コースの登山道がある


タムシバ
鳥原山(標高1429.6m)までの登山道周辺に咲いていた


イワカガミ
花の色に魅かれました


シラネアオイ
見事に咲いていた


サンカヨウ
心が和む花かな


ヒメサユリ
この花を見に行きましたがこんな状態でした

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員 吉田善春
平成22年6月17日(木)18日(金)撮影

前回の小朝日岳
平成21年10月7日(水)撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。