地蔵岳じぞうだけ(標高1539m)

山・地蔵岳ある記
 山形県源流の森センターは飯豊町大字須郷にあり、21世紀の森林理想郷・森林の中で想い・学び・鍛えることのできる・とあり。歩山クラブは地域との関わりなどを学びながら山を歩こう、そして楽しむことにあります。
 地蔵岳(1539m)は飯豊山(2105m)登山のときに大日杉小屋からの登山道にあり、飯豊連峰を展望する山として知られています。紅葉を眺めながら登ろうと大日杉小屋からザンゲ坂の鎖場を慎重に登り、長之助清水で休憩・御田の杉大木に感心し尾根伝いの紅葉の綺麗さに喜びながらだまし地蔵に着くと霧で飯豊山が見えず。地蔵岳山頂に登るとと休憩の方々が「残念1時間前まで飯豊山が見えてたよ」と言いながら下山です。がっかりしながら昼食していると霧が晴れ飯豊山が姿を現したので慌てて記念撮影です。良かった良かったと喜んでいると霧で飯豊山が見えなくなる。昼食を済ませ準備を整え、ブナ・ダケカンバ・モミジ・ウルシなど紅葉と黄葉に光が差し込む風景を楽しみながら下山でした。
 天気晴れ・今日一日楽しむ事ができて良かったね。
源流の森センター7:30〜大日杉小屋8:15〜長之助清水9:18〜地蔵岳11:25(昼食)地蔵岳12:30〜長之助清水14:10〜ザンゲ坂〜14:50〜大日杉小屋15:25〜五段山コース吊り橋14:43〜源流の森センター16:15



地蔵岳(1539m)山頂で記念撮影
やったぜ!霧が晴れ飯豊山(2105m)が現れた


地蔵岳山頂・三角点
その内に飯豊山が見えるだろうとのんびりと昼食を楽しむ事に


だまし地蔵(1409m)で休憩
地蔵岳(1539m)を背景に飯豊山は霧で見えず


紅葉に囲まれて写す
だまし地蔵から御田の途中で休憩


御田の杉
登山の安全を願う仲間


長之助清水・ホッと一息
登り下りの水補給や休憩場所として利用


記念撮影・思わず笑顔の仲間達
ブナ大木や紅葉を楽しみながら歩く


ザンゲ坂
鎖を頼りに登り下りの難所・十分注意


大日杉小屋からザンゲ坂の間
ゆっくりゆっくりと身体を馴らしながら登る


大日小屋を背景に
地蔵岳登山を終えとりあえず休憩


吊り橋を渡る練習
大日杉小屋から五段山コース吊り橋のある登山道

飯豊町源流の森センター集合7:30〜大日杉小屋8:15〜地蔵岳11:25(昼食)
地蔵岳12:30〜大日杉小屋15:25〜五段山コース吊り橋15:45〜源流の森センター16:15

撮影・文 蔵王山岳インストラクター協会会員 吉田善春
平成27年10月18日(日)晴れ撮影

前回の地蔵山
平成24年10月20日(土)撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。